日本折紙協会について > おりがみイベントへ行こう > 世界のおりがみ展

世界のおりがみ展

 現在開催(予定)されている世界のおりがみ展

期間:2014年3月21日(金/祝)〜4月6日(日)

場所:高崎市少年科学館(群馬県高崎市末広町23-1)

展示作品:世界のおりがみ展新シリーズ「地球家族」セレクト

 

(終了)

期間:2013年12月21日(土)より1月下旬まで(延長する場合あり)

場所:日本折紙博物館(石川県加賀市加茂町ハ90番地1)

展示作品:世界のおりがみ展新シリーズ「地球家族」

 世界のおりがみ展とは

「世界のおりがみ展」は、日本折紙協会の支部による共同制作作品と、個人制作作品を展示する折り紙催事で、お子様ばかりではなく大人の方にも十分楽しんでいただける折り紙の祭典です。

展示される作品は、4年に1度、全国にある日本折紙協会の支部がひとつのテーマに従い制作した大型作品と、年齢性別を問わず国内外の折り紙作家、愛好家、団体・サークルから募集した個人制作作品からなります。

 

折り紙作品の展示を中心に、折り紙教室の開催、折紙関連商品(書籍・折り紙用紙など)の販売も行われます。

1976年の第1回展より30年以上にわたって開催され、制作した作品は既に13作目を数えます。海外での展示実績もあり、これまで150か所を越える開催地で多くの方々にご好評いただいております。

毎回、外務省・文化庁ほか後援を賜り、各県・市や教育委員会の推奨を受けており、その評価は定着しています。

※ 「世界のおりがみ展」の開催を検討しているなど、お仕事のご相談はこちらへ

 世界のおりがみ展の内容

● 折り紙作品の展示

◆ 共同制作作品日本折紙協会の支部が制作した、色とりどりの数え切れないほどの折り紙作品によって飾られたパノラマ作品です。約90㎝角の展示テーブルと、A0判のパネル(壁面)の大型作品が、所狭しと展示された会場に圧倒されます。

◆ 個人制作作品は、日本国内のみならず、世界の国や地域から200余点が集まります。優秀な作品には、外務大臣賞、国際交流基金理事長賞、NHK会長賞などの賞が授与されます。 

 

● おりがみ教室

日本折紙協会認定折紙講師による折り紙作品の指導をたのしく受けられます。1回40分程度の教室で2つの折り紙作品を覚えていただきますが、好評をいただいております。

 

● 折紙関連商品の販売

日本折紙協会発行の「月刊誌おりがみ」、折り紙専門書、有名折り紙メーカーの商品(折り紙用紙等)を豊富に取り揃え、販売します。